新規設立・開業支援

1.あなたの事業の夢を数字にします(事業計画の作成)
事業計画の作成の流れ
  1. なぜ独立したいのかを明確にする
  2. 何を誰にどこで売るのかを考える
  3. 1ヶ月間の売上予測をする
  4. 仕入、外注計画を立てる
  5. 人件費、家賃、その他の経費を考える
  6. 1〜5をまとめ、事業計画書にする


2.開業時に必要なお金を計算します(資金計画の作成)
資金計画の作成の流れ
  1. 設備にかかるお金を計算する
  2. 運転資金、会社設立費用を計算する
  3. 自己資金はいくら集められるか
  4. 不足資金がどのくらいあるのかを計算する
  5. 資金計画を見直す
  6. 不足資金の調達先を決める


3.会社をつくります(会社設立・各種届出)
会社設立の流れ
  1. 最初に決める事
    1. 会社名(商号)
    2. 目的(事業の内容)
    3. 資本金(出資金)
    4. 発起人(一人以上)
    5. 本店所在地
    6. 役員
    7. 決算日
  2. 類似商号を調べる
  3. 会社の実印を作る
  4. 発起人会議を開く
  5. 定款を作成し、公証役場で認証を受ける
  6. 金融機関に資本金を払い込み、払込金保管証明書を取得する
  7. 取締会を開く
  8. 法務局に登記申請書を添付書類とともに提出する
  9. 会社設立完了
  10. 設立届出書一式を提出する
    1. 税務署
    2. 都・県税事務所
    3. 市役所
    4. 労働基準監督所
    5. ハローワーク


4.借入の仕方をアドバイスします(新規開業ローンの申し込みの仕方)
借入の仕方
  1. 借入先を説得できる資料を作る
    1. 事業計画書
    2. 資金計画書
    3. 返済計画書
  2. 保証人になってくれる人はいるか検討する
  3. 担保はあるかを検討する
  4. 借入先を選定する
    1. 国民金融公庫
    2. 取引銀行
  5. 新規開業で利用できる融資制度(国民金融公庫)
    ・新創業融資制度


5.事務処理を簡単にします(経理事務支援)
あなたに最適な経理方法を提案します
<例えば>
  • 現金出納帳をなくします(仮払精算書の導入)
  • プレプリント伝票の活用により簿記の知識がなくても伝票が書けます
  • インターネット活用による会計データの送受信を可能にします
  • 自社で日々の利益が把握できるようにします
  • 事業部ごと営業マンごとの売上や利益がわかるようにします
  • 9ヶ月決算により、早めに決算予想をします